第23回 全国盲ろう者大会in神戸

2014全国盲ろう者大会 大成功で幕を閉じる!!

☆第23回全国盲ろう者大会は、無事終了いたしました!

第23回盲ろう者大会

 

今川裕子(第23回全国盲ろう者大会実行委員長・兵庫盲ろう者友の会理事長)からのご報告

 

 8月1日〜4日、神戸市で開催された第23回全国盲ろう者大会は参加者924名(内盲ろう者266名・・・今までの最高記録!)を集め盛大に開催されました。

大会入口

 

 1日開会式は兵庫の担当でした。司会は兵庫盲ろう者友の会理事の福田麻美さん、最初はドキドキしたそうですがだんだんと落ち着き堂々とした司会ぶりでした。6月23日に逝された全国盲ろう者協会塩野谷前事務局長のご冥福を祈り、黙祷しました。

 

 実行委員長の挨拶は誰かに手伝ってもらうわけいはいきません。紙に書いて読むこともできません。覚えるしかない。4つに分けた点字原稿を作ってもらいそれを電車の中で覚えました。これは当日も役に立ちました。
 舞台から客席は真っ暗で何も見えません。第1部が終わって客席の自分の席に座りました。会場は満員でびっくりしました!

開会式


 6時からポートピアホテルに移動して歓迎パーティです。参加者は550名くらい。一流ホテルの豪華ディナ−に舌鼓をうちながら全国から来られた人と交流を楽しみました。デザ−トが出てきたとき、いよいよ兵庫の出番です!12人が舞台に並びます。手には文字を書いた黒い大きなうちわを持っています。その文字は「全国の都市からこんにちはあじさいの神戸2014年」

うちわパフォーマンス

 

全国からこられた皆さんを歓迎して盲ろう者の松島さんが考案しました。次は、万博の歌の替え歌・・・[全国の都市からこんにちは]を手話やコーラスで熱唱!!息の合ったところをみせてくれました!

 

 3日、第1・4分科会は恒例の「盲ろう者の生の声を聴く」毎年そうですが多方面にわたって多くの意見がでました。これをまとめ、後日全国盲ろう者協会と全国盲ろう者団体連絡協議会とで国(厚生労働省、文部科学省などの省庁に)に要望します。

 

 「友だち作ろう!」では二重の輪になり、自己紹介しあいます。コミ方法はいろいろで後で調べたら指点字一番少なかったです。自己紹介カードを交換してどんどんたまっていくのですが、私はちゃっかり、兵庫盲ろう者友の会が大会期間中販売する菊水のおせんべいの宣伝を書いておきました!

バザー

 

 お昼休みには友の会販売コーナーに行き、順番に「看板娘」になりボランティアと一緒にがんばりました。
 この日、外は雨・・・社会見学A(六甲牧場)に200人ほどが参加、バス5台に分乗していきました出発のときに一人がいなくて大騒ぎになり、出発が30分遅れました・・・(やれやれ)現地での行動も雨のため大変だったそうです。アイスクリームやバーベキューはおいしくて大好評でした!(よかった、よかった!)

 

 3日、第7分科会「差解消法」
 まず2年後に施行されるこの法律の成立までの流れの説明がありました。
 次に@社会的障壁A差別とは何か?B合理的配慮についてC実際に差別をうけた時の対応(相談機関)D差別事例を集めて整理し今後の取り組みをする・・・。わかりやすい話でした。

 

 最後に二人の盲ろう者から実際の差別事例の報告があり、参加者はうなずきながらきいていました。
 この分科会は定員600人の広い部屋に参加者200人余り。寒くて震えていました・・(ぶるぶる)

 

 午後は全体会です。開会式を除く3日間の分科会、社会見学の報告がありました。兵庫のメンバーでは井上さん(社会見学AB)、福田さん(盲ろう者と結婚)、西村くん(交流の広場)。

 

 次に兵庫から来年開催の静岡に引き継ぎ式がありました。兵庫からは西村実行委員長が今年の大河ドラマの主人黒田官兵衛の黒いTシャツを着て登場!向こうからは、ブロックのメンバーが10人位ぞろぞろでてきました。数では負けていましたが、西村くんのユーモア溢れる台詞には拍手!!

 

 4日、連絡協議会の総会、交流会
 午前中は事業報告、決算報告でした。

 

 そのあと、役員改選で投票用紙が配布されました。立候補は一人なので承認なら○、不承認なら×を書いて集めるのです。が、全盲の方から点字での投票ができないのはおかしい!と抗議がありました。聞いてみればもっともなことで委員選挙でも私たち盲ろう者はきちんとした選挙権がありません。今後の課題ですね。結局承認されました。
 この後で、来年度の事業計画(案)と予算(案)の説明がありすべて承認されました。

 

 午後は交流、意見交換でした。今年は協会から「福祉医療機構からの助成がカットされ、4つの事業が(本当は5つです)が中止になったと報告がありましたのでこれに対しての意見が多く出されていました。やはり皆さんこの事業への期待が強かったのですね”

大会会場

 

 こうして4日間のすべてのプログラムが無事に終了しました。
1年前から寒い日も熱い日も事務所に通い協力してくださった会員のご協力のたまものです。ありがとうございました。

 

 また、当日暑い中を参加いただきました来賓のかたがたにもお礼申しあげます。
 そして130人のボランティアの皆様、当日参加していただきました関係者の方々、ほんとうにありがとうございました。

 

三日間、おかげをもちまして無事に大会を終えることができましたことをご報告させていただきますとともに、深くお礼もうしあげます。ありがとうございました。

 

 また、これからも兵庫盲ろう者友の会へのご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 
TOP 神戸の紹介 友の会ブース 大会プログラム